知性と情操をお届けして140年。金沢を本店に石川、富山、福井のネットワークを通じ、本・文具・CD・DVD・楽器の販売とカルチャー教室の運営をしています。

金沢香林坊店
うつのみや

[`evernote` not found]
Pocket

「むかし、あるとしのくれ、かみさまはどうぶつたちにおふれをだしたんだと。
“しょうがつのあさ、ごてんにくるように。
きたものから、12ばんまで、じゅんばんに1ねんずつ、そのとしのたいしょうにする”」

まぁなんと気前のいい神様ですこと!
動物たちは、我こそは一番乗りだと意気込むのですが、御殿に向かう道のりではいろんな出来事がありまして・・・。

12の動物たちそれぞれの特徴が上手く活かされて実に面白い、
そして読みやすい。
「犬猿の仲」に酉(とり)が入った理由のところでは、思わず大人も唸っちゃいそう。
「十二支ってなあに?」お子さんとぜひ読んでいただきたい一冊です。

この本を読んで面白いと思ったら投票をお願いします。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...

十二支のはじまり

著者 岩崎京子/文 二俣英五郎/画
出版社 教育画劇
出版年月 1997年11月
ISBNコード 978-4-7746-0409-1
税込価格 1,296円