知性と情操をお届けして140年。金沢を本店に石川、富山、福井のネットワークを通じ、本・文具・CD・DVD・楽器の販売とカルチャー教室の運営をしています。

金沢香林坊店
うつのみや

[`evernote` not found]
Pocket

00101936「100万年も しなない ねこが いました(中略)
100万人の人が そのねこを かわいがり 100万人の人が そのねこが しんだとき なきました。ねこは 1回も なきませんでした」

主人公のとらねこは、私たちの持つ「自己中心的傲慢さ」の象徴。
彼は他者を愛する気持ちを得ることで、ようやく「転生(=生まれてきた意味を探す旅だと考えます)」に終止符をうつことができます。
この絵本には、「死」や「生まれ変わり」が大きな意味を持って描かれていますから、中にはお子さんに読むのをためらう方もいるでしょう。
しかし作者の佐野さんは、子どもたちに媚びて欺瞞を用いることはしていません。
ご自身の生い立ちを反映し、「いのち」に正面切って対峙して生まれた物語だと思います。
お子さんだけではなく、ぜひおとなの方にも読んでいただいて、いろいろと感じて欲しい1冊です。

この本を読んで面白いと思ったら投票をお願いします。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...

100万回生きたねこ

著者 佐野洋子
出版社 講談社
出版年月
ISBNコード 978-4-06-127274-3
税込価格 1,512円