知性と情操をお届けして140年。金沢を本店に石川、富山、福井のネットワークを通じ、本・文具・CD・DVD・楽器の販売とカルチャー教室の運営をしています。

死という最後の未来

著者 石原 慎太郎
出版社 幻冬舎
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-344-03613-0
税別価格 1650円

[`evernote` not found]
Pocket

キリストの信仰を生きる曽野綾子。法華経を哲学とする石原慎太郎。対極の死生観を持つふたりが「死」について赤裸々に語る。死に向き合うことで見える、人が生きる意味。