知性と情操をお届けして140年。金沢を本店に石川、富山、福井のネットワークを通じ、本・文具・CD・DVD・楽器の販売とカルチャー教室の運営をしています。

うつのみや大賞

【うつのみや大賞2022ノミネート作品】親愛なるあなたへ※文芸書部門

カンザキイオリ/河出書房新社

1,375円

小説家を目指す春樹。ミュージシャンを夢見る雪。 そして、二人を見守る人たち。 それぞれの哀しみを...続きを読む

【うつのみや大賞2022ノミネート作品】推理大戦※文芸書部門

似鳥鶏/講談社

1,815円

世界中が欲する「聖遺物」が日本に。 アメリカ、ウクライナ、日本、ブラジル―。 各国の聖なる権威に...続きを読む

【うつのみや大賞2022ノミネート作品】夜が明ける※文芸書部門

西加奈子/新潮社

2,035円

思春期から33歳になるまでの男同士の友情と成長、そして変わりゆく日々を生きる奇跡。 まだ光は見えな...続きを読む

【うつのみや大賞2022ノミネート作品】緑陰深きところ※文芸書部門

遠田潤子/小学館

1,870円

大阪で独りカレー屋を営む三宅紘二郎のもとに、絵葉書が届いた。 そこに書かれた漢詩が、封じ込めていた...続きを読む

【うつのみや大賞2022ノミネート作品】7.5グラムの奇跡※文芸書部門

砥上裕將/講談社

1,705円

『線は、僕を描く』で本屋大賞第3位。 砥上裕將が描いた新作の主人公は、視能訓練士。 じんわりと涙...続きを読む

【うつのみや大賞2022ノミネート作品】鞠子はすてきな役立たず※文庫部門

山崎ナオコーラ/河出書房新社

924円

「働かざるもの、食うべからず」と幼い頃から父親に言われてきた小太郎。 経済的自立を目指し高卒で銀行...続きを読む

【うつのみや大賞2022ノミネート作品】大奥づとめ よろずおつとめ申し候※文庫部門

永井紗耶子/新潮社

693円

上様の寵愛こそすべて、とは考えなかった女性たちがいた。 大奥の多種多様な職場に勤めた「お清」の女中...続きを読む

【うつのみや大賞2022ノミネート作品】わたしの美しい庭 ※文庫部門

凪良ゆう/ポプラ社

814円

小学生の百音と統理はふたり暮らし。 朝になると同じマンションに住む路有が遊びにきて、三人でご飯を食...続きを読む

【うつのみや大賞2022ノミネート作品】左上の海 ※文庫部門

安西水丸/中央公論新社

990円

「夢の中でとってもきれいな海を見つけたの。 わたしのいる、ずっとずっと左上の方に」。 夢と現実の...続きを読む

【うつのみや大賞2022ノミネート作品】元彼の遺言状 ※文庫部門

新川帆立/宝島社

750円

「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」。 元彼の森川栄治が残した奇妙な遺言状に導かれ、弁護士の剣持...続きを読む

【うつのみや大賞2021大賞受賞】おいしくて泣くとき

森沢明夫/角川春樹事務所

1,760円

貧困家庭の子どもたちに無料で「こども飯」を提供する『大衆食堂かざま』。その店のオーナーの息子、中学生...続きを読む

【うつのみや大賞2021特別賞受賞】できることならスティードで

加藤シゲアキ/朝日新聞出版

1,430円

広義の"旅"がテーマとなる、著者初のエッセイ集。大阪やパリ、スリランカ旅の話から、学校に行く意味を考...続きを読む

【うつのみや大賞2021ノミネート作品】マナーはいらない 小説の書きかた講座

三浦しをん/集英社

1,760円

長編・短編を問わず、小説を「書く人」「書きたい人」へ。人称、構成、推敲など基本のキから、タイトルのつ...続きを読む

【うつのみや大賞2021ノミネート作品】凪に溺れる

青羽悠/PHP研究所

1,760円

仕事も恋愛も惰性の日々を過ごしているOLの遥。ある日遥は、無名のアーティストの曲がYouTube上で...続きを読む

【うつのみや大賞2021ノミネート作品】透明人間は密室に潜む

阿津川辰海/光文社

1,980円

本格ミステリの魅力と可能性に肉薄する4編。透明人間による不可能犯罪計画。裁判員裁判×アイ...続きを読む

【うつのみや大賞2020 受賞作品】傲慢と善良

辻村 深月/朝日新聞出版

1,760円

【うつのみや大賞2020大賞受賞作】 婚約者が忽然と姿を消した。 その居場所を探すため、西澤架は...続きを読む

【うつのみや大賞2020ノミネート作品】シーソーモンスター

伊坂 幸太郎/中央公論新社

1,760円

我が家の嫁姑の争いは、米ソ冷戦よりも恐ろしい。バブルに浮かれる昭和の日本。一見、どこにでもある平凡な...続きを読む

【うつのみや大賞2020ノミネート作品】店長がバカすぎて

早見 和真/角川春樹事務所

1,650円

谷原京子(契約社員、時給998円)「マジ、辞めてやる!」でも、でも…本を愛する私たちの...続きを読む

【うつのみや大賞2020ノミネート作品】生き物の死にざま

稲垣 栄洋/草思社

1,540円

すべては「命のバトン」をつなぐために── 子に身を捧げる、交尾で力尽きる、仲間の死に涙する&hell...続きを読む

【うつのみや大賞2020ノミネート作品】線は、僕を描く

砥上 裕將/講談社

1,650円

両親を交通事故で失い、喪失感の中にあった大学生の青山霜介。ある日アルバイト先の展覧会場で出会った水墨...続きを読む

【うつのみや大賞2020ノミネート作品】カインは言わなかった

芦沢 央/文藝春秋

1,815円

ミステリ界のフロントランナーが描く、慟哭の殺人 “世界のホンダ”と崇められる...続きを読む

【うつのみや大賞2020ノミネート作品】わたしの美しい庭

凪良 ゆう/ポプラ社

1,650円

統理と小学生の百音はふたり暮らしだが、血はつながっていない。朝になると同じマンションに住む路有が遊び...続きを読む

【うつのみや大賞2019受賞】一億円のさようなら

白石一文/著/徳間書店

2,090円

長年連れ添う妻がひた隠しにしていた巨額の遺産。平和で平凡な家庭が静かに崩れていく。恋愛小説の名手が描...続きを読む

【うつのみや大賞2019ノミネート作品】大人は泣かないと思っていた

寺地はるな/著/集英社

1,760円

時田翼32歳。九州の田舎町で、大酒呑みで不機嫌な父と暮らしている。母は11年前に出奔。翼は農協に勤め...続きを読む